返信先: 部活について

  • kamiyu

    私が中一の時、部活の同級生みんなが嫌っていた子がいました。
    その子(A子)はとても美人でスタイルも良かったです。彼氏が絶えずおり、先生や先輩にも好かれていました。ですがA子は部活はだいたいサボっていて、その理由が彼氏とのデート。そして性格が悪かったのです。裏では人の悪口ばかりでした。あと、A子との会話になるとすぐに自分の自慢を始めました。自分の彼氏の話題や、自分がいかに周りに愛されてるかアピールなどなど。一番はっきりと覚えていることは、私が脚を伸ばしてマッサージをしているとき、A子は横に座り「脚、なんか最近太くなったんだよね。でもお母さんは脚細すぎて怖い、って言うんよ。見て、めっちゃ太いでしょ?」と比べてきました。誰が見ても私の方が太いのに。そこで私が「A子ちゃんめっちゃ細いし、お母さんの言ってること分かる」と言うと、顧問に声をかけ、「先生、見て、最近脚太くなったでしょ?」と聞きました。
    そこである日ついにストレスが貯まって、同級生2人とユニフォームをゴミ箱に入れました。その日はほんの軽はずみでした。けれど次の日、部活がミーティングに変わりました。あの件についてです。その様子を見ていた先輩がいじめがあるのでは?と顧問に伝えたそうです。今考えたらいじめですが、その頃はちょっと懲らしめてやる、程度でした。最近はミーティングの理由さえ分かりませんでした。そうして私たち3人だけは居残りで、顧問に理由を聞かれ、帰りがけに私は一人でA子に謝りに行きました。またその後日3人で顧問のいるなか謝りました。
    そして私は親にそんなことを言えず、ミーティングの2、3日後に顧問から家に電話がかかってきて、私をとても叱りました。
    私は今でも、あんな軽はずみの行動をしなければよかったと思っています。ああいう事をしなくても面と向かって話せばよかったと、ユニフォームを捨てたところで何も変わらないと、もしタイムマシンがあればその頃の自分に言いたいです。
    結局A子は2週間くらいした後、退部しました。そして先生・先輩には聞いたことはないないけれど、きっとA子をいじめた3人のうちの一人という存在でしょう。友達にもイメージが悪くなったでしょう。親もだめな娘だと思われたでしょう。
    なぜ私がその事があった時やめなかったかは分かりません。きっと部活が楽しかったのでしょう。今、その3人の私を除けた2人は部活は引退しないそうです。私は部活をするたびA子を思い出して心が辛くなります。申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
    このまま部活を続けた方がいいんでしょうか?