メンタルクリニックの体験談インタビュー『Yuzu』

ココトモメンバーインタビュー企画!
今回は「Yuzu」さんにメンタルクリニックの体験談を聞いてみました。

まずは自己紹介をお願いします

Yuzuと申します。

インタビューは3回目になります。

私は、今は結婚をして子供にも恵まれ、自分らしくそれなりに頑張れて生きていますが、

昔は、ちょっとメンタル的に調子が悪かったです。

小学校までは、どんなに虐められても、メンタル的に病むことはなかったんですね。

それが、中学3年あたりから急にメンタル的にきてしまって、ガクッと調子が悪くなりました。

その頃に、子宮筋腫もたくさんできました。

具体的にどのような病気・症状でしたか?

メンタル的にガクッと来たのは中学3年。

その時に2回ほど、地元で有名な精神科がある病院で2回だけ治療を受けました。

虐めで精神的にきてしまって、

視線恐怖症、対人恐怖症になってしまったんですね。

具体的には、とにかく、人と目を合わせただけで震えて泣いていたこともありました。

・視線恐怖症は、人の視線が怖くて怖くてしょうがない病気です。

人に見られている感じが嫌だという方は、多いでしょう。

視線恐怖症になると電車に乗るのが怖いです。向かいの席の人の視線、周りの複数の視線が気になって寝たふりをしていました。

教室の席でも周りの人の私のに向ける視線や、私の視線が相手を不快にさせてないかが気になって、怖くて怖くてしょうがなかったです。

・対人恐怖症は、視線恐怖症の広義だと思って構いません。人とやり取りをするときに恐怖を感じる病気です。

また、話が戻りますが、

その地元で有名な病院で症状を

「例えば、鉛筆が目の前で転がっているだけで、気になってしまうんです。」

と相談しますよね。

そうしましたら、その私の担当の精神科の医者と看護婦がクスクス笑う訳です。

で、特別な助言もないまま、何だか良く分からない薬を処方するという対応が2回続いたので、

私の母が3回目は行かせなかったですね。

母のサポートがなければいけない訳でやめてしました。

発症したきっかけや原因を分かる範囲で教えてください

中3の時に視線恐怖症、対人恐怖症になりました。

発症したきっかけは、

全校生徒からの苛めが原因です。

例えばですが、中3の私が1階で昼休みに窓を開けで顔を出そうとしますよね。

そうすると、中2または中1の階から、唾を頭上に落としてきました。

しかし、

私が、いじめられたのは、小5から。

今までもいじめられていたし、変わらずいじめられていた状態だった訳ですから、

その時に、別に今まで通りなんですからメンタル的に病む理由もない訳です。

そうですが、

中3という多感な時期でしたので、

自分の置かれている状況、味方が1人もいなく、自分が面識の全くない人からも虐められている状況(レイプ予告などある。ロッカーに物を置くとストーブの裏から一部見つかる。お金が盗まれる。物が捨てられる。ばい菌扱いされる。見ず知らずの人から蹴られる。)

をある時、これは誰も助けてくれない絶望的な状況なのだと客観的に把握できてしまい、

それがキッカケで、

視線恐怖症、対人恐怖症になりました。

病院を受診するまでのエピソード

母は、精神科に行くのを猛反対していましたから、

私も精神科に行くのを恥ずかしいと感じていました。

行った日にはクラスメートの女子に

「精神科に行っていたの?」と笑われました。

で、2回だけ行って、先生も看護師も適当にしか向き合ってくれなかったので、

行かなくなりました(正しくは、親が車で運んでくれなければ通院が出来ない訳で行かせてもらえなくなりました)。

精神科の先生は、「親は?」と聞いていたと思います。

ですけど、私の家は共働きだったので同伴付き添いは無理でしょう。

辛いけれど病院に行こうか迷っているという方へ

なるべく、病院には行かない方が良いです。

誰も理解できないと思った方が良いでしょう。

行っても楽にならない。

メンタル的な薬は、薬で緩和されることはあっても、根本的な解決は自分自身で頑張って治していくしかありません(専門書は自分で買って読んだ方が良いと思います。医者もそれ以上の知識はないです。適当に対応してもお金を貰える訳で適当なんです)。

病院には行っても行かなくても変わりませんし、

病院の先生に期待してもロクなことが今までメンタル系に関しては、なかったですけど(現在も、子供が自閉症で小児科に通院していますが、全く期待していない。親の私がパパと本を読んで自分で努力して改善しています。メンタル系は専門家に求めても無理でしょう。他人事であるという領域から介入してくることはないと思います。えばっているし。)、

・病んだから学校には行かずに家で頑張ってみる。

・転校してみる。

・とりあえず、精神科に通院して、診断書を書いてもらい、訴訟に使う。公的な補助を貰う。

は、出来ると思うので、

病院に行っても治りはしないが、何か他に選択する上で必要なツールと思って病院に行って診断書を貰うのはアリだと思います。

辛い時は、家にこもって、漢方薬やハーブなどの薬膳で改善した方がよほど先行きが明るいと思います。

――インタビューは以上です。
貴重なお話を聴かせていただき、ありがとうございました。

0
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up