メンタルクリニックの体験談インタビュー『しゅうこ』

ココトモメンバーインタビュー企画!
今回は「しゅうこ」さんにメンタルクリニックの体験談を聞いてみました。

まずは自己紹介をお願いします

はじめまして「しゅうこ」と申します(⁠◍⁠•⁠ᴗ⁠•⁠◍⁠)

40代女性で、現在は地元を離れて旦那と二人でのんびりと生活しております。

趣味は、最近ではスポーツ観戦です。特に「サッカーとバスケットボールの日本代表戦」を見ることが大好きです♡

特技は「面白い動きや顔芸で人を笑わせる」ことです(笑)

面白い冗談や話をすることは得意ではないので、体を使って周りの人達と大笑いすることが好きです(⁠。⁠•̀⁠ᴗ⁠-⁠)⁠✧

どうぞ、宜しくお願い致します!

具体的にどのような病気・症状でしたか?

私は20年ほど前から10年間程「心療内科」で診察を受けました。

当時の診断結果は「対人恐怖症」「抑うつ病」「過食症」「自律神経失調症」でした。

当時の症状は体の不調は「頭痛」「胃痛」「腰痛」「背中の痛み」「不眠」でした。

気持ちの方は「常に苛々している」「何もする気力が湧かない」「人と関わることが怖い」「外に出ることが怖い」「人の視線が怖い」「何をしても楽しくない、楽しめない」「被害妄想が強くなる」「体がむず痒くなり、物を壊したい衝動に駆られる」「些細なことで悲しくなり泣いてしまう」「何か食べていないと落ち着かない」ことが多々あって、気持ちがとても不安定な状態でした。

発症したきっかけや原因を分かる範囲で教えてください

発症したきっかけは子供の頃から「両親が不仲だった」ことから「人を信用することがあまり出来なかった」こと。

そして、小学生の頃にクラスメイト全員からいじめを受けたことによるトラウマから、更に人を信用することが出来なくなってしまいました。

親に相談しても、父は「学校へ行け」の一言だけしか言いませんでしたし、母親は「お前は何をされても言い返せない弱い奴だから舐められるんだ!言い返して来い!」とか「そいつの名前教えろ!学校まで行って引っ叩いてやるよ!」と怒鳴れました。

私は、そんなこと望んでいなくて…ただ話を聞いて私の気持ちを理解して欲しかっただけだったのに…と、悲しくて一人で泣いていました。

小学校の先生は、大好きな先生が異動してしまい、違う先生に変わったのですが…その先生からは「いじめてくる奴も悪いかとしれないけど、いじめられているお前にも悪いところはあるんじゃないのか?」と言われ…。

最後には「俺は知らん。お前が何とかしなきゃダメなんだぞ」と言われました。その頃、心の底から大人は信用出来ない、クラスメイトも全員信じられないと思いました。

中学の頃は友達がいましたが、心から信用することが難しく、人と関わることが少しずつ怖いと感じていました。

高校卒業後に地元を離れ、当時お付き合いしていた旦那の元へ行きまして一緒に暮らしておりました。

しかし、知らない土地に行ったこと、頼れる人が旦那しか居なかったことで、寂しさや孤独感を強く感じるようになり、徐々に気持ちが不安定になってしまいました。

病院を受診するまでのエピソード

当時は徐々に外に出ることが少なくなり、部屋に閉じこもるようになっていきました。

家事も殆ど出来ず、寝ているか起きてゲームをしているだけの毎日を過ごしていました。

仕事を探そうにも人と関わることが怖くて、なかなか仕事を始めることも出来ませんでした。

勇気を出してアルバイトを初めても初日で辞めてしまったり、仕事の途中で強い恐怖感に襲われてしまったことで家に帰ってしまうこともありました。

その時は、職場の上司から自分の名前を呼ばれた際に名字ではなくて「え〜っと…アンタ!」と呼ばれたのです。

その日は出勤の初日だったので、まだ上司も私の名字を覚えてなかったのだと思います。

今でしたら、全く気にはならないことなのですが…当時は「アンタ」と呼ばれたことで「この人は、私のことをバカにしてるんだ!どうでもいいと思いやがって…!」とても悲しかったのと同時に怒りが湧いてきたんです。

気が付いた時は制服をロッカーに投げ捨てて、泣きながら家に帰ってしまいました。その後は電話をかけたのですが、上司の態度に対して怒鳴ってしまいました(-_-;)

電話口の方は謝ってくださり、翌日には上司から連絡が来て、急にいなくなったことを心配してくれていたことや家に戻っていたことを安心してくださっていました。

そして、些細なことで旦那にキツく当たってしまうようになってしまい、時には「本当は、こんな私のことなんか好きじゃないんだ!他に気になる人とかいるんでしょ?!」と、旦那に詰め寄り泣き叫んだ時期もありました。

常に苛々して怒っているか、泣いているか、無表情でいるかの毎日で、そんな私を傍で見守っていてくれた旦那が「明らかに様子がおかしい」と気付いてくれたことで、心療内科を勧めてくれました。

辛いけれど病院に行こうか迷っているという方へ

辛いけれど病院へ行こうか迷っていらっしゃる方の中には、さまざまな理由があるかと思います。

迷っている理由を、こちらのココトモで御相談されてみることで、迷いが消えることもあるかもしれません(⁠◍⁠•⁠ᴗ⁠•⁠◍⁠)

実際にココトモメンバーさんの中にも、メンタルクリニックに通われていた方々もいらっしゃると思いますので、さまざまな御意見をいただくことが出来るかと思います。

また、私自身は診察を受けながら薬を服用していたことで、症状も落ち着いたこともありますが「相談出来る場所が増えた」ことによる「安心感」もあったことで、少しずつではありましたが、症状が改善していったのだとも思っています。

今、辛いけれど周りに相談出来る人がいない…といった方は「相談相手を増やす」という気持ちで、病院へ行かれるという考えもアリなのではないかな?と、私は考えております(⁠◍⁠•⁠ᴗ⁠•⁠◍⁠)

辛いお気持ちを一人で抱えずに、まずはココトモに御相談くださいね。

――インタビューは以上です。
貴重なお話を聴かせていただき、ありがとうございました。

5
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

全3件
  1. schedule2022.10.03

    しゅうこ

    ねるそんさん、大変申し訳ございません

    私、一番最初に「初めまして、ねるそんと申します。」という文章を載せてしまったまま、お返事してしまいました。申し訳ございませんでしたm(_ _;)m

    私は一度、メモ帳等にコピペしてから、ゆっくりお話をお伺いするもので…その際に、ねるそんさんの最初のご挨拶だけを残したまま、お返事してしまったようです(T_T)

    気を悪くされてしまっていたら、大変失礼致しました…

  2. schedule2022.10.01

    しゅうこ

    初めまして、ねるそんと申します。

    ねるそんさん、始めまして。
    インタビューのお話に目を通してくださって、本当にありがとうございました!(⁠*⁠´⁠ω⁠`⁠*⁠)

    また、ココモトメンバーになる以前から、私のお話を目を向けてくださっていたとのこと。とても嬉しいです!ありがとうございます〜(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)テレテレ…

    こちらで何度かご相談者さんのお話をお伺いしている中で、私も一緒に頑張っていきたいと思い、ココトモメンバーに応募したのですが…「こんな私でも出来るのかなぁ…?」と考え込んでしまい、応募するまで一週間程、ずーっと悩んでたんです。は、恥ずかしい…(笑)

    これからもココトモメンバー同士、どうぞ宜しくお願い致します(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)丿

    ねるそんさんの自己紹介も拝見して、とても楽しそうな方で、すごく元気を分けていただけました✨

    ねるそんさんも、同じような葛藤を抱えていらっしゃったのですね。私も、ねるそんさんのお話をお伺い出来たことで、分かり合える人がいるということはとても心強いですし、嬉しい気持ちになれました(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)

    私も、ねるそんさんのお話やブログ等も拝見したい気持ちでいっぱいです!ブログ掲載された時は、是非拝見させてくださいね♪

    また、お話できる事を楽しみにしております!今回、とても励みになるコメントをいただけて、本当にありがとうございました!(⁠人⁠*⁠´⁠∀⁠`⁠)⁠。⁠*゚⁠+

  3. schedule2022.10.01

    ねるそん

    初めまして、ねるそんと申します。

    すごくためになるブログ、ありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و*

    実は前から、しゅうこさんがメンバーになる前にコメントされてるのをチラッと見て「すげぇ優しくていい事言う人いるなー」って思ってました。そしたらメンバーにやっぱりなられてたんで「おおぉ!」ってなってます(っ ॑꒳ ॑c)
    (語彙力なくてすみません…泣 要するに感激してて嬉しいって事です)

    自分は精神科にかかった事がないんですが、いじめの話や人のことを信用できなかった話がすごく共感できました。同じような葛藤をへられて来た方が同じところで活動されてるのを知って嬉しいです。

    またこのようにしゅうこさんが体験やお話を聞かせてくださる事、密かに楽しみにしております笑 ((。´・ω・)。´_ _))ペコリン

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up