寂しさにさよならした日②

満身創痍で心身共にヘトヘト気味の恭子です 皆様いかがおすごしでしょうか

前回の更新から すっかり2か月以上たってしまいまして
気忙しい中ながらも 幾分まとめるに至りました 遅筆ですみませぬ

今回ぷちっと長いかなあ もしかしたら やや小難しいかなあ なので
あくまでもひまつぶし的に さらっと読み流していただけたら幸いでございます

またまた身近に感じてほしい哲学も 織り交ぜて書き進んでゆきますね

よかったら おひとついかが? あなたなりの哲学

なんて変なお誘いですが 一文 ここぞの場面でスイッチがガン!と
入るような 自分だけに効く言葉お守り いかがでしょう 持ってると割と心強い

正念場みたいな場面 心折れそうな場面で 後ろ盾になるかもです

単純なパターンとしてはメタファー(暗喩・隠喩)すること

事象の本質をとらえるのに 別の事象を用いて 多くのイメージを
喚起させること を指します 。。。むずかしいかしら くだけますと

説明困難な一大事の時 身近なものに例えて軽くしてみるっていう技?みたいなね
基本形はこんな感じ

 「△△は○○である、・・・・・・・・」

ちなみに ・・・・・・・・ の部分に 発語者個人の思いが表現されたりします
映画・ドラマにはこんな感じのセリフ 実によーく出てきますね

どこかで聞いたことあるかもしれない 例を2つほどご紹介

「人生は旅である、・・・・・・・・・」
「人は旅人である、・・・・・・・・・」

解釈は人によって 自由で多種多様 なので 私の解釈は端折りますが

個人的に 哲学がなんとも面白いな~ って思うのは
経験値により 意味の奥行がまったく違ってくるとこ かもしれないです

この短い文 とある人たちにはほぼ ???な文 として捉えられるはず

どんな人たちかというと 「自らの旅に出たことがない人」 たちね

ここで ありがちな小ネタを一つ

旅好きの男性: 「人生は旅だよね 僕と一緒にずっと旅してくれないかな」
旅したことない女性: 「わあホント?嬉しい いつにする?どこへいく?」

男性:「いやその・・・・・・つまりは結婚してほしいんだけど 僕と」
女性:「!!!・・・・・・・・・・☆△&#」

教訓:哲学好きでロマンチストの男性さまたちへ
愛の告白&プロポーズ時は ストレートな表現の付加も
忘れなくお願いします

そんな感じで②スタート
あっと 前回のブログ①は こちらから

title_nigate
苦手意識を克服!30日間で「週5ラーメン生活」を「野菜生活」に変えた方法
おすすめ記事

あれは『解離』によって起こったかもしれない

ネットで調べましたらね 1年間の記憶喪失事件 あれ昨今の病名でいうところの
「解離性健忘」に当てはまってしまうみたいでしたね おそらくですが

心的外傷 または重度のストレス で限界越えした時に起こるそれ うん正にそれ

もうカタがついてることなので軽く云っちゃうんですけども 私

幼女期から少女期まで かなり身近な血縁関係から
性的被害を断続的にうけた経験あり の人間だったりします はい

かつ生まれた家は 機能不全家族 なんていう
救いなき生き地獄のような環境で 18年間過ごしました

そのせいか早くから ずっと夢の中をただよってるような
よくいう離人症状 非現実感 それがあったことを覚えてます

多分もともと解離してたと考えるのがあまりにも自然で どれが自分なのか
分からないような 非統合感も常にあり おおよそ境界例であったかと

それでも ノーマルを死守してるつもりでいました ギリギリ
誰にも理解されなくてもね 最愛の存在が綱となり 『あちら側』へ落ちないよう
繋ぎとめていてくれてた ともいうかな

。。なんだけど 思いきりブチっと切れちゃったんですね あの時 とうとう

命綱を喪失したショック が極度の心的ストレスになり あっさりこっぱ微塵
人格保てる限界を超えちゃったんですよね で

自己防衛的に意識を強制シャットダウンし 即座に安全モードに切替えて

表面的には日常に戻った いや 戻させた というかもしれません
主人格の修復が済むまで 最低限体を生かせ そんな任務を別人格に任せて

て そんなサイコサスペンスなことあるわけナイナイ

とせせら笑われちゃいますね
結局一体なんだったかはよく分からず仕舞い 何はともあれ 人格の統合というか
実装完了が無事果たされて 安定した現在に至るので 結果オーライとしてます

ただ時々ね 考えるのです 私がもしも 辛い実家時代を経ていなかったら
最終的に日常へ戻ってこれただろうか?と 違う今があったかも とか ふとね

心のことって 所詮触れられない 見てとれないものだから どこまでも
推測の域を出ません だけど一つだけ 自分なりに考えられるとしたら

守られず苦労vs守られ苦労知らずか回避し続けてきた

同じ苦難の事象に遭遇した場合 表からは決してわからないでしょうが

この両者では 内面で受ける衝撃の度合とか 問題への対処力とか
ダメージからの復旧時間とか 差が出るんじゃないか とそんな気がしています

そう踏まえると

葬りたい最低な子供時代の経験により 図らずも耐性を育まれてしまってて
不幸中の幸い的に 復活できたのかもって 思うのですよね 私の場合

あの経験から生まれた 私なりの哲学ではありますが

「苦痛はいつか護符になる 苦労はいずれ糧になる」

困難にぶち当たった時は この言葉にいつも守られています 今でも変わらずに

黒歴史28年がもたらした 思いがけない恩恵

生涯の前半戦に 濃いめの全不幸をギューっと凝縮して 集めたかのような
散々すぎる それ以外の表現がみつからない位の 悲惨な時期を超えたあとに

正直予想だにしてなかった状況 というか 心理状態になったんですよね

あれを境に それまで感じてた 気が狂いそうな苦痛とか辛さとか寂しさとか
わからなくなった いや感じなくなったというか なんていえば正確なのか

大は小を兼ねる に準えれば 負の感情も そういうことってあるのかな
じゃなければ一生で発現できる全量を 使い切ってしまったとか あれ以降

不快な感情は 遠くで聞こえる何かのノイズ みたいになってしまいました

私これってある意味 戸惑うよりも 思いがけない幸運と捉えました なぜなら

この先出会う 色々な「初」に対して 恐れも不安も 前より感じないなら
なんだって やってみれるだろう 飛び込んでいけるだろう って考えたから

崩壊のあと 在ったのは 更地の様な心 怖いくらいの静けさ だったのです

あとは方向と最初の一歩だけ と決意を固め 眠った夜は久々ぐっすり熟睡し
朝 目が覚めただけ それだけなのにやたらと 嬉しかった事を思い出します

明日朝 目が覚めなければいい そう思う夜ばかりを過ごしてきた私にとっては
それはそれは 大きすぎる進歩と 変化でありました

「人はいわば二回生まれる」

フランスの哲学者ルソーさん こんな言葉を残してくれてました 知った時
あの「今私が生まれた」の感覚 と妙な合致で気味悪~と思った事 白状します

人って大昔から 似たとこでつまづいたり悩んでるのかな そして行く末は
本人が望まなければ 拓けてこないものなのかな そうつくづく思いました

それがこちら

『私たちはいわば二回 この世に生まれる
一回目は存在するために 二回目は生きるために』

親の庇護下から抜け出て 誰のせいにもしない 自立した一人の大人へ歩み出す
青年期のプロセスのこと 主にその意味ですが 深い解釈を個々に含むでしょう

記憶から掘り起こされた私の解釈

一回目の生まれ

私は生まれたことを悔やみこそすれ 感謝など一度もしてませんでした ずっと
なんで生まれちゃったんだ しかもなんで女 植えつけられた原罪感に苛まれ

突然ふっと消えたくなる希死念慮に 翻弄されつつ
ただただ「生存」してるだけでした

一回目→二回目への移行期

抜け出したい でもいっそ全て捨てて消えてしまいたい
その間の同じところを延々グルグルと 安定して「彷徨ってる」だけ
しっぽを追いかける犬 みたいにループしてました

ニ回目の生まれ

意識と記憶が繋がり 「ちゃんと 生きてみたい 自分の力で」 と
心から思えたあの日 透き通った混じりけない 奇麗な歓びと嬉しさが込み上げ
胸が満たされていきました

初めて こんな真っ当な清すぎる想い 戸惑って恥ずかしくなってしまうくらい
これが 持てる正常な生存欲求なの? 考えてみたけど なんでもどうでもよく

それは時間をおかず「標」へ変化してゆき 行く先を思い描いたら
「直線状に続く路」が 拓けて見えた気がしました 輝いていて
ワクワクして 無邪気に 今すぐに走りだしたくなりました

私にとっては あの そんなに長くない一文を読むたび なぜかしら 新たで
鮮やかなあの頃の感情が 瞬時に再生 ぶり返し ちょと熱い気持ちが蘇ります

二回生まれる に対する私の解釈

一回目 親が強いたにすぎない生 国・地域・家族・性までも押し付けられる
満たされない子供心も 不遇な境遇も 親の庇護下で出口を見出すのは難しい
子は親の果たしきれなかった夢を背負うよう 生まれている場合も少なくない

二回目 子が自ら作り上げてゆく生 法を侵さぬ範囲で好む物事を選んでいける
失った 得られなかった 満たされなかったことの取り返しや埋め直しが試せる時
別離や淘汰 本当に必要なモノの 取捨選択を余儀なくされる時でもある

私は思います
人全てに平たく存在する二回目がある だからこそ生きてゆけるんじゃないかって

引っ張り合う一回目「過去」と二回目「未来」

ドイツにニーチェさんという哲学者がいました とても有名な人ですよね 彼曰く

『過去が現在に影響を与えるように 未来も現在に影響を与える』といっています
私なんとなく こんなイメージが頭に浮かびましたね それは綱引き

いわば 一回目って『過去』の中にあり
そして 二回目は『未来』を包括していて

まるで 自分を支点にし 両者から引かれるロープを持った 過去と未来の綱引き
張力が同等なほど微動だにしない 一方が弱まるか強くなるまで身動きとれない

でも ぱっと手を放してみると どうなるかな
先に離した手がどちらかによって 状態は2つに分かれる ちがうかな

一つは静止 生誕は動かない始点であるし 過去は決して変化しないもの
もう一つは始動 未来は果てなく在る 牽引は止むことを知らず 引かれ続ける

ここで重要な点は 手放したという行為 そのものなのかもしれないよね

そう考えると 過去が放してくれない なんてのはちょっとウソになるのかなあ
がっちり握って放さないの あなたの意で動くあなたの手 それ自体なんだもの

さて このどーでもいいような文章たちを読んで現在 あなた自身が
過去 未来 どちらから より強く引っ張られてるか 考えちゃったでしょうか

ふとね 思ったのですけれど

起きたことに関する相談って 一回目の力を弱くしようとする試み なのかも
ならば 先の相談は 二回目の牽引を強くしようとする試み と云えるかも

未来からの牽引 それを強力にするものは さてなんだろうね

誰かとの幸せ? 自己実現? 誰にも理解して貰えそうもない願望? 評価?

得たいものはきっと人それぞれ 昔も今もそれは一緒 形や方法は違えど一緒
あれこれ意見を集めたとこで最後はやはり 私自身 あなた自身 なのよね

生の哲学と云われる 『実存主義』 との出会い

28年の長きに渡り 私という人は 私の意識や感情だけが確かな存在と認識し
自分以外の何をも マトモに見聞きしてはいなかった と振り返ります

なにもかも 自分の「感想」や「予想」「妄想」という色眼鏡を通し
常に「想」ありきで 世界も人も捉えていたように思います

周りに在るもの全てを そんな風に

そんな世界観が 幸か不幸かメチャメチャに壊れ こう考えたのですよね

その時点で言えたこと 多くの知識を集めて自我や考え方をこねくり回しても
最も哀しい出来事においてやりすごせず 何より 私自身が現実の世界と上手く
折り合えてこなかったこと そもそもどこかの間違いを認めざるを得ないなって

それまで私の考えを構成する由来なんて どこにでもありふれたものだったはず
それらがもたらすのは本質への問 何するにも「意味」「理由」が必要でした

明確な事由が得られないと 未着手&回避を選択し 慎重と言えばまあ聞こえは
いいけど はた目から見たら 変化は皆無 同じとこを彷徨ってるだけだったかと

散々「触れない」精神やら本質から入って ここまでモヤモヤしてきたのだから
以後「触れる」物体と実存から入り本質を後付してみる価値はあるなと考えました

残りの人生で検証してゆく 何気に面白いかも と形造られてきたあたりで
運命的にも カミュの「異邦人」を読み 実存主義 という言葉に出会いました

でもね あの本 実存主義を皮肉ってて こうなってはならないを書いてます
実存認識だけで終えてはならない 本質を欠くと存在自体が危うくなるよ とね

実存主義とは

概要:人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。
あるいは「本質」よりも「現実存在」の優位を説く思想。

うん なんのことやらって感じですね 私なりにくだいてみますと

人が作り出す 物やら何やらには作られる前に
目的とか用途とか理由 本質ってものを持ってるもんだけど

人間だけは それに当てはまらない

現実世界にその人がいる 実存してる
何よりもまず 一番に優先されるべき事由がそれなのだ

親によって何かの目的や意図 そのために作られたのが私
そう捉えることは 自由であるけれど 大きな誤りでもある

その時がきたら 強いられたものなんか放り出して
自分自身で 自分の存在に 独自の意味付けをしてゆけばいいよ

人間だけは 「実存は本質に先立つ」 そして
意味や価値なんて本質は 人は皆 生まれながらにもってなどいないのだ

その人の本質 意味や価値ってものは ある程度の
時間経過と共に成されてゆくもの 後から作られていくものなのだから

あなたは だれかのあなたとして 生まれたわけではない

あなたは 最初から あなたになるために 生まれたのだ 

まとめ

自主的に生きる取組を始めたら 取り巻く人も 世界も一変してしまった
そのサワリについてお話してみましたが 長々とご拝読いただき 心から感謝

難しかったでしょうか 表現が変 どうにもわかんなかったら ゴメンナサイね

こんな書いたのに 伝えきれてない感一杯なところはナイショ と致しまして

振り返ると29歳からの時間は 奮闘がぎゅっと詰まった 唯一無二の宝物そのもの
その時やれることをやるって大事だなって 今でもそう思う 悩むな動け!です
一つ一つ 納得して前に進む 積み重ねていくプロセスが 自信に変わるんだよね

なにか 心の琴線にひっかかるところ (たぶんナイとは思いますが)まあどこか
一か所でもあったならば。。。 執筆冥利に尽き この上なく幸せでございます

ここまでおつきあい&読んでくださって 本当にありがとうございました

それではまた!

このブログを書いた人

このブログと一緒によく読まれているブログ

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク